スポンサードリンク

‘高齢者安否見守り’ タグのついている投稿

離れて暮らす親が心配

離れて暮らす親が心配

親が年取って、ひとり暮らしというと、やはり心配はつきませんよね。

お盆や正月に帰省はしても、いつも一緒というわけではなく、毎日電話したくても、生活が見えないので、休んでいるかもしれないし、お風呂に入っているかもしれないし、気がかりではあるけど日々にまぎれてしまってる…

そんなパターンが多いと思います。

親にしても、しょっちゅう電話がかかってくるのも、嬉しいけど面倒だったりするらしく、なかなか難しいところがあります。

最近多くの人が利用しているのが、ゆるい見守りからはじめる安否確認サービスです。

70歳過ぎた頃から急激に体力や身体能力が落ちてくるので、家電の使用量などを見守る側に定期的にメールで知らせる安否確認サービスから始めるケースが多く見られます。

70歳というのはひとつのラインで
次は80歳。

80歳になると、ポットの使用量で見守る ・コーヒーマシーンで見守るなどの電での見守り だけでは心配で、やはり緊急駆けつけのついた物を選択する人が多く見られます。

緊急ボタンでSOSを通知するだけでなく、緊急出動してくれるようなサービスですね。

アルソックやセコムなどは料金が高いと思われがちですが、月額使用料金は3000円位からあり、緊急時の駆けつけ対応もしてくれるので、シニアサポートとしての利用者も年々増えています。

家電での見守りも月額料金は3000円位するので、色々調べて比較してみるとよくわかると思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」



リフォーム ホームプロ


スポンサードリンク



介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲



介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント