「みまも郎 安否確認システム」高齢者見守りサービス


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


「みまも郎 安否確認システム」高齢者見守りサービス

アイテック(長野)が提供している高齢者見守りサービス「みまも郎」は、センサーを使った安否確認サービスを行っています。

見守られる側の住まいに、「あけしめセンサー」「人感センサー」「温湿度センサー」「照度センサー」等を設置することで見守られる側の高齢者の状況を発信します。

見守る側には一日の生活反応をメールで通知するという仕組み。

たとえば、直近24時間でセンサーが1回も反応しなかった時や、高齢者が緊急ボタンを押した時、また熱中症を警戒しなければならない場合などに見守る側の登録しているアドレスにメールで知らせてくれます。

開け閉めセンサーや人感センサー、温湿度センサーなどの設置には初期費用がかかる場合がほとんどです。

アルソック初期費用のかからないコースもあり、値段もリーズナブルで、緊急時の発信拠点が多いので、比較してみる価値はあるかもしれません

みまも郎はアイテックのサービスですが、いろいろ情報を集め、比較して決めることも大事だと思います。

※高齢者見守りセコムアルソックを徹底比較!



リフォーム ホームプロ


タグ: , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。