スポンサードリンク
  

高齢者見守り・安否確認サービスの主流は


高齢者見守り・安否確認サービスの主流は

高齢者見守り・安否確認サービスの主流といっても、見守られる側のプライバシーもあるので、ほんとに様々です。

ただ、大きく分けると3つに分類できるかもしれません。

1.メール通知型
ポットやガスの使用量などを見守る側にメールで通知するタイプ

2.立ち寄りで安否確認
弁当の宅配などで立ち寄った際に、安否確認を行う立ち寄り型

3.センサーなどを使用したホームセキュリティ型
一定時間センサーの反応がない場合、または通報があった場合にセキュリティ会社が対応する(緊急時の駆けつけ対応あり)セコムやアルソックなどのサービスがこれに当たります。

異常は分かっても、緊急時の駆け付け がなかったり、緊急時の対応はあっても有料であったり…それぞれに長所と短所があります。

どの程度の距離にいる親を見守るのかというのでも違ってきます。

同居はしていないけれど、緊急時には対応できるのであれば、ポットやガスでもいいかもしれません。

でも、何かあった場合に対応できない、頼る人がいない場合は駆けつけサービスがあるほうがよいでしょう。

それぞれに事情が違っているので、一概にコレがいいとはいえませんよね。

大事なのは、見守られる側と見守る側で、どのようなサービスが必要かを認識することだと思います。

そうすれば、どの見守りサービスを選べばよいのか絞り込めると思います。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント