高齢者安否確認に携帯電話の機能を利用


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


高齢者安否確認に携帯電話の機能を利用

 

ドコモのらくらくフォンには高齢者見守りサービスがついています。

 

利用料はかかりませんが、見守る方、見守られる方がどちらもドコモ契約者である事が必須です。

 

シニアフォンには万歩計機能がついていて、前日歩いた歩数を登録したメールに、決められた時間に送信してくれるんです。

 

メールが届く事で、昨日も歩いてるな… と、安否確認ができるという感じでしょうか。

 

家族登録をしていれば電話料金は無料ですし、毎日電話しても同じですが、無料サービスなので利用者は多いようです。

 

ドコモ(docomo)だけでなくauやソフトバンクも同じようなサービスがあるかも…今度調べてみますね。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。