高齢者住宅財団が行なっている賃貸物権の保証制度


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


高齢者住宅財団が行なっている賃貸物権の保証制度

高齢者住宅財団って知っていますか?

いまや4人に一人が65歳以上という超高齢化社会。
そんな老人世代の住宅に関する問題を、少しでも解決に導いてくれる財団です。

たとえば、高齢者や一人暮らしの老人は、賃貸物件の保証人がなく、入居が困難という現実があります。

そんな時、高齢者住宅財団には家賃債務保証制度を利用することで、賃貸物件にも入居しやすくなります。

高齢者が財団と基本契約を結んだ賃貸物件をという縛りはありますが、高齢者住宅財団が連帯保証人の役割をしてくれるのです。

貸し手にとっては、家賃の滞納の心配がなくなり、借り手にとっては賃貸物件が借りやすくなります。

高齢者(60歳以上)であれば利用できますし、障害者も適用されます。

賃貸物件の連帯保証人で心配しているなら、まずは高齢者住宅財団に問い合わせてみると解決するかも知れませんよ!

一人暮らしの高齢者の高齢者の安否確認



リフォーム ホームプロ


タグ: , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。