高齢者の1人暮らしで心配なこと


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


 高齢者の1人暮らしで心配なこと

日本国内では、4人に1人が65歳以上の高齢者。
2030年には3人に1人が65歳以上になる超高齢化社会を迎えます。

1人暮らしで心配なことは沢山ありますが、病気や怪我で動けなくなり、誰にも見つけてもらえず孤独死にいたるケースが一番心配ではないでしょうか。

離れて一人暮らしをする親はとても心配ですが、長年住み慣れた家から、知らない土地で暮らすストレスから、自宅で1人暮らしを選ぶ老人が多いです。

毎日の電話は欠かさないようにしても、何かのときに、すぐに駆けつけることはとても難しい…

そんな時に、近所に身に言ってくれるような人間関係を作っておくことは大事です。

ただ、近所付き合いも最近ではなかなか難しいので、いっそ割り切って考えるのであれば、セコムの見守りやアルソックの見守りサポートを利用するのもありだと思っています。

料金的にも、見守りポットと同程度の料金、月額3000円くらいからサービスを受けられます。

急行して欲しい時には24時間対応してもらえますしね。

サービスについて詳しく比較しているサイトを見つけました
意外にリーズナブルな料金から利用できると知って、驚きましたが、検討の余地はありますよね。

高齢者見守りセコム  アルソック 見守り を徹底比較



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。