スポンサードリンク
  

高齢者の安否確認サービスおススメは?


高齢者の安否確認サービスおススメは?

高齢者の見守りサービス(安否確認システム)を調べていくと、おおよそ4つの型に分類される事に気がつきました。

①使用状況・利用状況をメールで知らせる安否確認サービス
湯沸しポットの使用量、コーヒーマシーンの利用、ガスの使用量、トイレの水洗、などの使用履歴や利用状況をメールで知らせる。

②緊急ボタン・健康相談ボタンの設置
見守られる高齢者側の部屋に、緊急ボタンを設置し、ボタンを押すことで異常事態・緊急事態を知らせる

③人感センサーによる安否確認
トイレのドア、よく通る場所や居室、などに人感センサーを取り付け、一定時間反応がなかった場合などに異常を知らせるメールを配信する

カメラを使った見守り安否確認
webカメラを設置して高齢者を見守る。
PCやスマホで画像確認する。(利用には見守る側・見守られる側共にネット環境が必要)

気になる料金ですが、月額の利用力金は2000円~5000円ほどで、一般的には3000円くらいが多いように感じました。

中には組み合わせて利用できるシステムを採用しているところもありました。

どのサービスもそうですが、利用状況だけ、センサーによる見守りだけ、など、単体では十分ではないように感じました。

もちろん見守られる側の健康状態にもよると思いますが。

どれも緊急事態を知らせてくれることはあっても、駆けつけサービスはないというところが大きなネックだと思うのです。

いろいろ調べてみると、セコムもやアルソックも、高齢者向けの安否確認サービスを行っていて意外に安く利用できることを知りました。。

大手セキュリティ会社なのでさぞかし高額だろうと思ってましたが、月額料金は3000円前後からあります。

緊急の場合は駆けつけサービスがある上に月額料金が3000円くらいからというのは検討の余地がありますよね。

高齢者の見守り安否確認サービスは、まずは情報を集めてみて、比較検討するのも大事だなと思いました。

高齢者見守りセコムとアルソックを徹底比較

 



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント