高齢者の台所はIHがおすすめ?


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


高齢者の台所(キッチン)リフォームはIHがおすすめ?(高齢者見守り)

高齢になると、若いころのように自分で思ったように動けなくなってきます。

調理をするときのガスの火を心配する人も多いですよね。
何かの拍子にガスの火が袖口に引火したら大変ですから。

電気を使ったIHコンロならそんな心配がないので、高齢者でも引火の心配がありません。

1人暮らしでは、あまり大きな火を使った炒め物などはしなくなるとは思いますが、それでも火を使うときは心配ですよね。

ガスの方が火力が強いですが、お湯は湯沸しポットか、ティファールなどの電気ポットをやかん代わりに使う高齢者が増えています。

ガスより早く沸くし、手軽ですからね。

IHはお手入れも簡単で、汚れてもさっとふき取るだけで良いし、掃除も楽になり、きれいに暮らせるのは明白。

それに災害が起きても、電気が一番先に復旧するので、その点でもポイント高いです。

離れて暮らしている1人暮らしの親が心配…
湯沸しポットで見守り安否確認するサービスや、コーヒーメーカーを使た高齢者の安否確認サービスもあります。

ガスの使用量や、トイレのドアの開閉などもあります。月額利用料は大体3000円前後が多いかな?

意外ですが、セコムの高齢者見守りサービスややアルソックなどのシニアサポートも同じくらいの料金から利用できるんですよね。

しかも緊急時の駆けつけ対応まで付いているので、見に行ってほしい時にはとても助かります。

年取った一人暮らしの親がいる方は、どういうサポートを受けられるか、知っておくのも大事だと思いますよ。

※高齢者見守りセコムとアルソックを徹底比較



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。