高齢者の介護リフォームには助成金が出る


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


高齢者の介護リフォームには助成金が出る

高齢者が介護認定を受けている場合、リフォーム料金に一定の助成金が出ること、知らない人も多いようです。

助成金(補助金)の申請の仕方にはルールがあるので、申請方法を知らずに先にリフォームをしてしまうと、助成金(補助金)はでません。

介護認定を受け 介護リフォームの見積もりを取り 助成金の申請用紙を提出

これらのドレが抜けても助成金は降りないんですよね…

高齢者で介護リフォームを考えている場合は、地域包括支援センターのケアマネージャーさんなどに一度相談してみましょう。

最高で30万円ほどの助成金(補助金)が受けられるはずです。

 



リフォーム ホームプロ


介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。