認知症予防にゲームがいいってホント?


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


認知症予防にゲームがいいってホント?

認知症予防に、スマホゲームや、能トレって、意外に効果あると聞きました。

画面を見るタイプのゲームは、LEDやブルーライトの目に対する影響が心配ですが、それを外したところでは、頭の体操になると思います。

年をとると、どうしても細かな事を考えるのが億劫になったり、手先を使う作業が面倒になりがちです。

だからといって何もしないでいると、やはりぼけたり認知症になりやすいと思います。

ゲームを推奨するわけではありませんが、認知症予防に、ゲームや能トレもいいですよと思うのです。

クイズやパズル、数読(すうどく)や読書、老眼で…という声も聞こえてきそうですね。

老眼になると、細かな時を見るのが辛いと思います。

買い物、料理、片付け、など日常生活を丁寧に暮らすことでも十分ボケ防止になります。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。