認知症が進むと徘徊が心配…


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


認知症が進むと徘徊が心配…

認知症が進むと、徘徊が心配になりますよね…

特に体は元気なのに、認知症になった場合にその不安な大きくなります。

体力があるのでどんどん出かけるし、探す手立てがないのですから。

普段から近所の方たちに、事情を話して協力をお願いしておくことも大事です。

でも、今の時代なかなかそうもいかないのが現実ですよね。

認知症と認められた場合は、地域の活き活きセンターなどの包括支援センターなどに登録し、徘徊の時の協力体制を確認しておく事も大事です。

個人のレベルでも、GPSなどの位置情報確認サービスを利用するのも1つの対策です。

早め早めに対応しておく事で、いざというときにすばやく行動でき、あわてずにすみますよ。



リフォーム ホームプロ


タグ: ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。