老人ホーム見学では介護力を見極める


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


老人ホーム見学では介護力を見極める

老人ホーム老人介護施設の入居を希望する際、見学は欠かせません。

ではどのような点に注意して見学をしたら良いのでしょうか。

老人介護施設の見学にはいくつかのポイントがあります。

 

1.清潔な空間が保たれているか

2.生理整頓されているか

3.職員の言葉遣いは適切か

4.介護力が充実しているか

5.職員の人員は十分配置されているか

 

細かなことをいえばきりがありませんが、大きなポイントは上記5つです。

 

食事内容や立地条件はあえて入れませんでしたが、毎日暮らすのですからこの点は最初の段階で選んでおきましょう。

 

中でも介護力が充実しているかどうかは大事です。

 

自立型で入居しても、介護が必要になったと気に、どの程度まで対応してもらえるのか、認知症になったり、要介護が重くなると退去しなければならない施設もあります。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。