母の日にコーヒーバリスタ贈ってみては?


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


母の日にコーヒーバリスタ贈ってみては?

コーヒーメーカーを使ったゆるいみまもりの話を紹介している「高齢者見守り」のサイトを見て、これ意外にいいなと思って母の日のプレゼントにしてみました。

バリスタのコーヒーメマシンは無料でもらえるので、3か月分のコーヒー代をプレゼントしたと言う形です。

母が使うのを止めたいと思えば、コーヒーマシンを返却するだけで違約金がかかるわけではないし、続けたければカートリッジを購入する形ですね。

バリスタiは、スマホアプリと連動して、利用履歴がメールで届く仕組みがあるので、利用すればゆるい感じも見守りにもなります。

老人扱いされたくないと言う人にも理解されやすく、やはり見守る方も見守られる方も、安心ですからね。

バリスタiは、カートリッジを定期購入することで無料で機会を利用できますが、本格的に見守りが必要な方はやはりアルソックやセコムのシニア向けの高齢巣編み守りパックがオススメです。

料金も3000円くらいからあるので、意外と安くてオススメです。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。