家族にかわって親の安否をたしかめる安否確認サービス


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


家族にかわって親の安否をたしかめる安否確認サービス

同居していなくても、高齢になった親の近くに住んでいれば、お互い安心感を持つことができます。

スープの冷めない距離
というキャッチコピーがありましたが
まさにその通り。

お互いのプライバシー真尊重しつつ
そっと見守るという感じですね。

何かあったときにはすぐに駆けつけてくれたり、ちょっとした行き来があれば、生活の様子も分りますから。

ただ転勤など、仕事の都合でやむを得ず遠方で暮らすことになると、状況は変わってきます。

親は親で、心配かけまいと、ちょっと異常があっても我慢して子供に連絡しなかったり、子供は子供で、日々の忙しさで、気にはなっていてもなかなか連絡ができなかったり…。

そんな時に、家電を使った安否見守りや、ガスの使用量、トイレのドアの開閉で生活反応を知ることができるサービスは、お互いにストレスを感じずに見守ったり見守られたりできます。

ただ、緊急時の駆け付けをどうするのか対策だけは立てておいたほうがよいですよ。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。