安否確認サービスのある高齢者向け宅配弁当


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


安否確認サービスのある高齢者向け宅配弁当

遠方に住む一人暮らしの高齢の親を持つと、何かあったときに気が付かず、最悪の事態になったら…と心配する方も多いといいます。

高齢者の見守りサービスは、ポットの使用料や、ガスの使用料、見守りアプリなどいろいろなものがありますが、やはり最後は自分で見に行くか、誰かに安否確認をお願いしなければなりません。

高齢化が進む中、一人暮らしの独居老人の世帯が急激に増えてきています。核家族化に加え、配偶者に先立たれれば、自然と独居老人になってしまうと言うパターンです。

ここ数年、高齢者向けの宅配弁当、給食サービスが充実してきました。

スーパーや総菜屋で1品づつの惣菜を購入するのではなく、自宅まで毎食運んでくれる宅配弁当の利用者が増えているんですね。

栄養バランスの取れたメニューで、高齢者向けに食べやすく調理した弁当を毎食無料で配達してくれる上、安否確認もしてもらえるので、心強く、安心感があると思います。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。