スポンサードリンク
  

助成金支給対象となる介護リフォームの種類


介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の
認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、
介護リフォーム助成金の支給を受ける事ができます。
(『高齢者住宅改修費用助成制度』)

助成金の支給対象となるリフォームには、床の段差解消や手すりの設置
など、ある程度の制限があるので注意しましょう。


▼介護保険が適用されるリフォーム

手すりの取り付け
廊下、便所、浴室、玄関等の転倒予防を目的として設置するもの。
手すりの形状は二段式、縦付け、横付け等

床の段差解消
居室・廊下・便所・浴室・玄関等の床の段差解消を目的とするリフォーム
敷居を低くする、スロープの取り付け、浴室の床のかさ上げ等。
(適用除外:昇降機、リフト、福祉用具貸与に該当するもの)

滑り防止や移動の円滑化の為の床材変更
畳からフローリング(板製床材)、ビニル系床材等への変更。
(浴室も床材の滑りにくいものへの変更する場合)

開き戸から引き戸などへの扉の変更(取り替え)
開き戸を引き戸、折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替える場合

和式便所から洋式便器への変更(取り替え)など

介護リフォームの補助金制度を利用するの当たっては、事前の申請が
必要な場合がほとんどです。
また、助成金の申請書類には、リフォーム前、後の写真が必要です。
リフォームに取りかかる前に必ず確認しておきましょう。
(介護保険と同時に利用できますが助成金の申請手続きは別に行います)


基本的に申請書類を取り寄せ、工事終了後に申請します。
(申請時には改修前と改修後の写真が必要です)

※居宅介護支援事業者のケアマネージャー、
また工事の施工業者に申請を代行してもらうことも可能です。

☆介護リフォームの助成金の関連ページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォーム助成金の概要
助成金支給対象となる介護リフォームの種類
住宅版エコポイント対象の介護リフォーム
介護リフォーム助成金の申請



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント