スポンサードリンク
  

住宅版エコポイント対象の介護リフォーム


介護リフォームも、『エコポイント』の対象になる場合があることを
ご存知でしょうか?

介護リフォーム(バリアフリー改修)と同時に断熱改修(リフォーム)
を同時に行うことによって、住宅版エコポイントの対象となるのです。
2010年3月8日から受け付けがはじまりました。

エコリフォームのポイントは一戸当たり上限が30万ポイント。
介護保険の補助金『高齢者住宅改修費用助成制度』とあわせると
かなり大きな補助額となるので、介護リフォーム(バリアフリー改修)
を検討している高齢者にとっては、リフォームに踏み切るよい機会
かもしれません。


▼住宅版エコポイントの対象となるリフォーム

窓の断熱改修
一枚ガラスを複層ガラスに変更したり
内窓をつけて二重窓にするなどの断熱改修をおこなう。
ガラスやサッシをまるごと交換する。

外壁・屋根・天井・床の断熱改修

バリアフリー改修
床の段差解消(畳からフローリングに変更など)
①②と同時にリフォームする場合のみ住宅版エコポイントの対象

◆◇ 分譲マンションなら二重窓 ◇◆
エコポイントリフォームはマンションも対象です。
管理規約で共用部分になっているサッシ窓も、内窓をつけ、二重窓
にすることでエコ住宅の対象になります。
この場合は専用部になるため管理組合の許可は不要。
(複層ガラスよりも二重窓の方が費用が安くなるケースもあります)

※エコポイント改修は対象期間が限定されています。
着工日、工事完了日によっては対象外になる可能性もあるので、
必ず確認くださいね。

☆介護リフォームの助成金の関連ページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォーム助成金の概要
助成金支給対象となる介護リフォームの種類
住宅版エコポイント対象の介護リフォーム

介護リフォーム助成金の申請



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント