スポンサードリンク
  

介護リフォーム助成金の概要


介護を目的としたリフォーム(住宅改修)の場合、
要介護者または要支援の認定対象者であれば、
『高齢者住宅改修費用助成制度』(介護リフォーム助成金制度)
を利用する事ができます。


助成金の限度額は18万円
工事費用最高額(上限)が20万円
内9割=18万円が助成金の対象
工事費の1割は自己負担です。
上限を越えた場合は、超過分の全額も自己負担になります。


助成金 受給の対象者と助成額
助成金の受給対象には、一定の条件があります。
●要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること
●改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一であること。
また、本人が実際に居住していること
●助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)
(20万円の内1割を自己負担、9割を補助金として支給)


介護リフォームの助成制度を利用する場合、事前の申請手続きが必要
になります。介護保険と並行して利用できますが、住宅改修費支給の
手続きは別に申請しなければなりません。
リフォームに取りかかる前に必ず確認しておきましょう。


また介護を目的としたリフォームの場合、市区町村で低利の融資が
利用できる可能性もあります。
低利の融資を希望する場合は、地域の高齢福祉課などに助成金や
補助金制度があるかどうかを確認してみましょう。


☆介護リフォームの助成金の関連ページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォーム助成金の概要
助成金支給対象となる介護リフォームの種類
住宅版エコポイント対象の介護リフォーム

介護リフォーム助成金の申請



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント