介護リフォームは助成金が出るんです


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


介護リフォーム助成金が出るんです

高齢者が介護リフォームを行なう場合は、介護度によって介護リフォーム助成金(補助金)が出るので、大いに利用しましょう。

リフォームを行なってしまった後からの申請はできません。

必ずリフォームを行なう前に見積もりを取り、介護リフォーム助成金の申請を行ない、審査が通ってから工事を行なうことをお勧めします。

介護リフォーム助成金(補助金)は最高で30万まで出るはずですので、ケアマネージャーさんと相談しながら、手すりや段差解消などの相談をしてみるといいと思います。

トイレが和式の家も少なくなりましたが、まだまだ和式トイレのところもあります。

高齢者になると、特に女性はひざが悪くなる方が多いので、洋式トイレに変更する人が多いです。

トイレや風呂などの水周りが使いやすくなると生活しやすくなりますし、清潔に使えます。

少々金額は張りますが、お風呂とトイレを一緒にリフォームする方が多いようです。

 



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。