スポンサードリンク
  

介護リフォームはタイミングが大事



介護リフォームタイミングが大事です。
若いうちはまだピンとこないかもしれませんが、早め早めに
計画的なリフォームに取り組んでおくことで、老後の生活に
ゆとりと安心が生まれます。

早め早めに計画的なリフォームを…といいましたが、なにも
若い内からすべてを高齢者に優しい住まいにしましょうという
のではありません。

50代~60代に取り組んでおきたいリフォームと、実際に必要に
なってから、要介護の状態によってリフォームする個所を
分けて考えておくということです。

たとえば50代~60代に取り組んでおきたいリフォームは以下の
ようなものがあります。


▼50代~60代に取り組んでおきたいリフォームのポイント
下記の準備をしておくことで、介護が必要になった時に、
素早く要介護の状態にあったリフォームを実行することが
可能になります。

できるだけ段差を少なくしておく
段差解消は、かなり大がかりな工事になる場合が多いので
体力も資金力もあるうちに行っておくことが望ましいでしょう

手すりが付けられるよう壁の補強

和式トイレであれば、洋式に変更

キッチンのコンロをガスからIH(電磁調理器)方式に変更
ガスの火が衣服に燃え移る心配がありません

玄関スペース、トイレの出入り口スペースを広めにとってお


▼介護が必要になってからのリフォームのポイント
要介護になってからのリフォームのポイントは3点。
要介護状態と本人の希望を活かしたリフォームを行います。

体のどの部分に障害があるか・動かなくなったか(体の状態)
何ができなくなったか(行動)
本人はどこまで自力でやりたいか(意思)


これらのポイントを押さえておくことで、何処をどのように
リフォームすれば良いか明確になりますし、結果的には予算を押さえ
た効果的なリフォームにつながります。


☆介護リフォームの助成金の関連ページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォーム助成金の概要
助成金支給対象となる介護リフォームの種類
住宅版エコポイント対象の介護リフォーム

介護リフォーム助成金の申請



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント