スポンサードリンク
  

ユニバーサルデザインの家づくり


ユニバーサルデザイン」という言葉をご存知でしょうか。

ユニバーサルデザインは、高齢者や障害者と言う垣根を超え、誰にでも
共通した使いやすいデザインといいかえる事ができます。

バリアフリー」と異なる点は、
「バリアフリー」が高齢者、障害者に限定したものであるのに対し、
「ユニバーサルデザイン」はできるだけ多くの人が利用可能である
ようなデザインにするという基本概念を基本にしている点でしょう。

この考え方は、ロナルド・メイス氏(米)によって明確にされ
7つの原則が提唱されています。

1.誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
2.柔軟に使用できる(自由度)
3.使い方が簡単にわかる(単純性)
4.使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
5.間違えても重大な結果にならない(安全性)
6.少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
7.使うときに適当な広さがある(スペースの確保)

バリアフリー化の進む欧米諸国では、最近、手すりを使わない
家づくりが進められています。
わざわざ「手すり」をつくるのではなく、自然にその場所にあるもの
が、手すりの役割を果たすような家づくりを進めているのです。
ユニバーサルデザインの考え方が生かされているんですね。

年齢や障がいの有無などにかかわらず、だれもがさりげなく使える
ユニバーサルデザインコンセプトは、これからのリフォームの
考え方に新しい風を運んできているようです。

☆介護リフォームの助成金の関連ページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォーム助成金の概要
助成金支給対象となる介護リフォームの種類
住宅版エコポイント対象の介護リフォーム

介護リフォーム助成金の申請



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント