スポンサードリンク
  

マンション建て替え負担金の融資保証制度


マンション建て替え負担金融資保証制度

高齢者住宅財団といえば、賃貸契約の保証人「家賃債務保証制度」が定着しています。

でも賃貸で生活している人向けでなく、自宅を所有している人や、マンション住まいの人にも利用できる保証制度も行っています。

それが

マンション建て替え等の債務保証

です。

マンションの建て替え等で負担金が必要となる場合、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資に対して高齢者住宅財団が保証人になってくれます。

高齢者住宅財団のマンション建て替え等の債務保証制度は、毎月の返済が利息だけとなり、月々の負担を低く抑えられるのが大きな特徴です。

他にも金利が固定金利なので、返済中に金利の変動があった場合の心配もないです。

元金は死亡時に一括返済。

相続人が一括返済できない場合は、担保提供している土地建物を処分する事で返済する事になります。

マンションも老朽化が進み、大規模改修や建て替えなのどの時期を迎える物件も多くなってきました。

そのときに必要となる改修費は、購入寺からの積み立てだけでは賄えないマンションも多く、住人の年齢も高齢者が多いなど今後の多きな課題のひとつです。

高齢者住宅財団が行っている「マンション建て替え等の債務保証制度」は、収入が年金だけの高齢者でも利用できるので注目されています。

※対象となる住宅は、住宅金融支援紀行の「まちづくり融資」の要件を満たす物件になります。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。




介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント