バリアフリーリフォームのメリット


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


住宅のバリアフリーリフォームには、
さまざまなメリットがあります。

バリアフリーリフォームは、ただ単に高齢者、障害者の行動や
生活に支障がなくなるというだけではありません。

●高齢者・障害者の日常生活の円滑化を可能にする
●住宅内での「転倒」や「転落」の事故を防止する
●快適な生活が可能になることで自信につながる
●介助者の負担の軽減し、介護の「質と量」を上げる事が可能になる

などもバリアフリーリフォームのメリットと言えるでしょう。

生活が円滑に行える…たとえば
「和式便所から洋式に変更」する事で、つらいひざの痛みから解放
されたり、「手すり」を取り付ける事によって介助なしに自由に行動
できるようになったりと、精神的な解放感ははかりしれません。

また、バリアフリー化によって生活に支障がなくなれば、家の中
での「転倒」や「転落」などの事故を防ぐことができ、結果的に
高齢者にも、その家族にも安心が広がりますよね。

なにより、少しでも「自分の事が自分でできる」という自信は
生きる気力にもつながると思います。

バリアフリー(障害をなくすこと)は、介護する側、介護される側に
快適さを支える大切な考え方の一つであり、その実行であるとも
いえます。


高齢化社会がすすむなか、介護保険制度が住宅のバリアフリー化
を後押ししてくれるようになりました。
その一つが「介護リフォーム助成金(補助金)」の支給です。

☆介護リフォームの助成金の関連ページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォーム助成金の概要
助成金支給対象となる介護リフォームの種類
住宅版エコポイント対象の介護リフォーム
介護リフォーム助成金の申請





リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。