サ高住(サービス付き高齢者住宅)の入所基準ってあるの?


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


サ高住(サービス付き高齢者住宅)の入所基準ってあるの?

サ高住(サービス付き高齢者住宅)の入所基準は60歳以上の高齢者であるか、要支援・要介護者」という基本的な基準があります。

もちろん施設によって、入所基準は違いがあるので、詳細は問い合わせてみる必要があります。

他にも連帯保証人や健康状態など施設スタッフが「自立度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入居を審査します。

入所に関しては、一般的に連帯保証人が求められます。

有料老人ホームと違って、サ高住(サービス付き高齢者住宅)は建設が進んでいますし、空き物件は多く、比較的簡単に見つけられると思います。

新しい施設や、立地が便利なところは早く埋まってしまうので、条件が会う物件が見つかったら早めに申し込んだ方がいいかもしれません。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。