サ高住のメリットとは


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


サ高住のメリットとは

サ高住サービス付き高齢者住宅)という言葉もかなり定着してきました。

国の方針で、「高齢者円滑入居賃貸住宅」「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」の制度が廃止され、「サービス付き高齢者住宅」に一本化されたからです。

高額な一時金が必要だった有料老人ホームに比べて入居費用も安く、普通の人でも老人施設に入居するハードルが下がったのも事実です。

そんなサービス付き高齢者住宅のメリットは一体どういうものでしょうか

<<サ高住のメリット>> 高齢者でも契約しやすい 高齢者に住みやすい住環境 入居者の権利が守られている 施設の増加に伴い選択肢が増えてきた

全てが優れているわけではありませんが、高齢者の受け皿として、もはやなくてはならないものになりつつあります。



リフォーム ホームプロ


タグ: , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。