あんしんネットワーク(高齢者の安否確認サービス)


高齢者の事故で一番多いのが転倒によるもので、全体の8割を占めるといいます。

リフォームはタイミングが大事。

介護目的のリフォーム(住宅改修)の場合、要介護者または要支援の認定があれば、助成金を申請することにより介護保険から、 介護リフォームの助成金の支給を受ける事ができます。


あんしんネットワーク(高齢者安否確認サービス)

ホームネットの「あんしんネットワーク(高齢者の安否確認サービス)」は東京23区内に在住の方なら結構オススメの見守りサービスです。

緊急ボタンを押すと、「緊急事態発生」と自動音声が流れ、受信センターに通報してくれます。

通報があると受信センターでは、走行中のタクシーもしくは待機中の支援車両に救援を指示し、緊急出動員を直ちに現場に急行させます。

走行中のタクシーは無線で連絡が行き届くので、23区内であればかなり早い対応が期待できるのではないでしょうか。

受信センターは、走行中のタクシー、または待機中の支援車両どちらは早く出動できる方に救援を指示し、専門訓練を受けた緊急出動員を直ちに現場に急行させます。

センサー型の見守りでは緊急の場合の駆けつけサービスがないのがネックでしたが、この部分をクリアしているところに注目しています。

ただ、緊急ボタンを押すことができなければ出動してもらえないので、センサー型などと組み合わせると、より安心して生活できるようになるのではないかと思います。

幾つものサービスを組み合わせると利用料金も嵩んできます。

セコムやアルソックなどのセキュリティー会社の高齢者見守り安否確認は高いというイメージがありますが、月額3000円くらいからと意外とリーズナブルなコースからあって、緊急時の対応も経験と実績があるのであんしんです。

まずはどのような見守りサービスがあるのか情報を集めてみる事からはじめてみてはどうでしょうか?

※高齢者の見守りについて詳しいサイト紹介
高齢者見守りアルソックセコムを比較
高齢者見守り比較サイト



リフォーム ホームプロ


タグ: , , , , ,

介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲

コメントは受け付けていません。