スポンサードリンク

介護職を外人に頼る時代がくるのか…

介護職を外国人に頼る時代がくるのか…

最近はスーパーに行っても、コンビにでも、店員さんは外国人(中国・ベトナム・東南アジア・ネパール)等を多く見かけるようになりました。

というよりも、私の行くスーパーではほとんどが外国人です。

皆若く、留学生のみたいです。

アルバイトなのかもしれませんが、今後は、介護職にも外国人が起用されるようになるのではと感じています。

若者の人材不足は深刻で、特に介護職は重労働な上に給料が安いので募集してもなかなか集まらないのが現状だからです。

介護施設に入居できるならまだ良いほうで、団塊の世代が75歳、後期高齢者になる頃は、施設入居がかなわず、自宅で暮らす人が多くなるといわれています。

残念ながら、今までのような手厚い介護が受けられるかどうかは判らなくなってきているということです…

介護職を外国人に頼る時代も、もうそこまで来ているのかもしれません。
※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」



リフォーム ホームプロ


スポンサードリンク


介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲



介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント