スポンサードリンク

福岡市の取り組み高齢者安否見守り

福岡市の取り組み高齢者安否見守り

福岡市では、高齢者の一人暮らし、2人暮らしの家庭に緊急通報システムを貸し出しています。

電話回線を使ったシステムで、緊急時に緊急通報ボタンを押すと、センターに通報が入り、地域の民生委員、地域協力員に連絡が回ります。

連絡を受けた地域の民生委員地域協力員が、高齢社宅に状況を見に急行するという具合です。

地域協力員は高齢者安否見守りのボランティアです。

常に待機しているわけではありませんし、連絡を受けてもいけないことだってあります。

ボランティアと、民生委員だけで対応するのはやはりハードルが高いようにも思います。

ただ、地域全体で高齢者と関わることで、こそ駆使を防ぐ事に繋がるのは確かでしょう。

利用料金ですが、緊急通報システムの機器レンタル料のみで、そのほかの利用料金などは特に徴収はないようです。料金は所得に応じてランク分けされています。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト



リフォーム ホームプロ


スポンサードリンク


介護リフォーム助成金の活用で高齢者の住まいを快適に TOP▲



介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント